法人リース

サービス概要

企業合理化のキメ手は、オートリースです。“買う”より“活用する”。そんな流れが広がっています。企業社会において、車両管理業務のアウトソーシングとなるオートリースは合理化のキメ手といえるでしょう。
クルマに関する業務はたくさんあります。車種の選定に始まり、運行管理や整備のチェック。諸税や保険料の支払い。さらには万一の事故の際の対応など…住友三井オートサービスは、そんな煩雑な手間を一元化して各部署の負担を軽減します。
また、EV車の取り扱いもしていますのでお気軽にお問合せ下さい。

オートリース

オートリースのメリット

・スケールメリットによるコストダウン!
・資金の有効活用
・車両業務をアウトソーシング!
・車両コスト管理が簡単!
・万一の時も、安心対応!
・メンテナンスの手間を省力化し、いつも安全運転!

フォークリフトメンテナンスリース

メンテナンスリースとは

点検整備・故障修理などの保守管理サービスが含まれているリース契約形態を指します。

▼基本項目
車両代 / 納車費用 / 軽自動車税または固定資産税 / 自賠責保険・自動車保険 / 定期自主検査(月次検査) / 特定自主検査(年次検査) / 油脂類・消耗品の交換・補充 / 一般整備及び故障修理 / 荷役・油圧装置の修理(アタッチメント除く) / バッテリー交換(エンジン車)

▼オプション項目
動産総合保険 / バッテリー交換(動力モーター) / タイヤ交換 / アタッチメント修理 / 代車提供 / 回送費用

■メンテナンスリースのメリット

メリット01

全額経費処理

リース料を賃貸借処理する場合、全て経費として損金算入され、節税にも有効です。

メリット02

資金の有効活用

メンテナンスリースのリース料はは毎月定額なので、設備費用などの急な出費はありません。コストが平準化でき、資金計画が容易になります。

メリット03

管理業務の省略化

車両管理に関する業務をアウトソーシングすることで、大幅に業務内容を省略化できます。

メリット04

優良設備工場の利用

設備は全て優良なメンテナンス工場に委託しますので安心です。また、多くの設備車両を委託しているスケールメリットにより、月々のリース料も安くなります。

■安心・信頼のサポートシステム

リースバックシステム

お客様が現在所有されているフォークリフトを住友三井オートサービスが買取り、そのままリース車両としてご利用いただく方式です。フォークリフトを一斉にリースに切り替えることで、有利な資金運用と管理業務の合理化が図れます。

メンテナンス工場

提携整備工場はすべてフォークリフト特定自主検査の資格を有しています。お客様が現在ご利用中の整備工場(ディーラーを含む)があれば、引続き利用することも可能です。

各サービス・事業のお問い合わせはこちらから

その他事業を見る

ページトップへ遷移