アポロリンク健康宣言

出光グループは「人が中心の経営」を掲げ、尊重される人材の育成を究極の目的と位置付けています。

また、当社がお客様、地域社会、パートナー会社様を繋ぐことで、全ての人々が豊かな明日を迎えるための一助となる、というビジョンの実現のためには、従業員⾃⾝が健康であることが不可⽋であり、健康でなければ、お客様の信頼を得ることはできません。

そして当社が大切にしている精神である、「従業員自身はもちろん、家族、同僚の健康・安全を第一に考えて仕事に臨むこと」を一人一人が実現するため、会社が健康維持・増進活動を積極的に⽀援し、従業員と会社が一体となって健康な会社を実現します。

アポロリンク株式会社
代表取締役社長 内川 尚和

従業員の健康推進に関する考え方

出光グループでは、行動指針において「すべてにおいて健康・安全を優先する」と定義しており、グループ全従業員が心身ともに健康で活き活きと働くための健康づくりを経営上の課題として位置付け、健康経営を推進しています。特に、新型コロナウイルス感染症が収束しない中では、従業員の健康の重要性は高いと認識し、メンタルヘルスケアのサポートなどを徹底しています。当社はこのたび「経営理念・方針」や「制度・施策の実行状況」などが評価され、経済産業省が特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰する「健康経営優良法人2022」の大規模法人部門に認定されました。

健康推進体制

従業員の健康推進については、人事総務課において全社の健康推進の事務局を配置し、健康保険組合や関係各部門と連携しながら推進しています。
また、産業医1名、保健師2名と契約し、サポートを受けています。

ページトップへ遷移