みらいを奏でる音楽会

みらいを奏でる音楽会とは

2006年より当社事業活動にご協力いただいている地域の皆さまへ、日頃の感謝の想いを込めてはじめたコンサート活動です。
2017年からは、若手音楽家への発表機会の創出や子どもたちへの体験提供に重点を置き、音楽を通じて未来にはばたく若者の「挑戦」「成長」「能力の発揮」を支援しています。

オンラインコンサート みらいを奏でる音楽会 ~会えなくたって、つながれる。~

当社は、次代を担う若者の音楽経験を支援することを目的に、“会えなくたって、つながれる。” をテーマとした「みらいを奏でる音楽会」オンラインコンサートを開催し、視聴回数が6,700回を超えました。

オンラインコンサートの様子(音声動画と楽団の演奏を一つに合わせて演奏)

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2020年度の「みらいを奏でる音楽会」は各地で予定していたコンサートの開催を見合わせ、“会えなくたって、つながれる。”をテーマに、インターネット配信によるオンラインコンサートとして実施しました。事前に行った視聴者募集の当選者に向けて、2021年2月27日(土)から3月7日(日)まで無料配信した今回のオンラインコンサートでは、反田 恭平(ピアニスト)さん・MLMナショナル管弦楽団が組曲「動物の謝肉祭」などを演奏。また、オンラインコンサートならではの演出として、「家路」~遠き山に日は落ちて~では、108名から応募いただいた音声動画とMLMナショナル管弦楽団の演奏をひとつに合わせた「合唱」コラボも披露しました。
さらに、初回配信中には、チャット機能により1,000件以上の拍手やコメントが寄せられました。視聴後のアンケートでは、「有名な演奏家の皆さんと一緒に歌えたような気がしてうれしかった」、「オンラインなので地方にいても楽しめて、元気をもらった」、「チャットができることで、沢山の人と繋がって聴いているという思いにもなれ、とても楽しかった」などの感想をいただきました。

開催を予定しておりました2020年の「みらいを奏でる音楽会」全4会場での公演(周南、苫小牧、知多、市原)について、新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策の状況などを踏まえ、慎重に検討を重ねてまいりました結果、本年度の開催を中止することといたしました。
本公演を楽しみにしてくださいました皆さまにおかれましては、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

ページトップへ遷移