みらいを奏でる音楽会

みらいを奏でる音楽会とは

2006年より当社事業活動にご協力いただいている地域の皆さまへ、日頃の感謝の想いを込めてはじめたコンサート活動です。
2017年からは、若手音楽家への発表機会の提供や小中高生への体験提供に重点を置き、未来にはばたく若者の「挑戦」「成長」「能力の発揮」を支援しています。

オンラインコンサート みらいを奏でる音楽会 ~会えなくたって、つながれる。~

オンラインコンサートへ無料ご招待!(募集は終了いたしました)

【名称】
みらいを奏でる音楽会 ~会えなくたって、つながれる。~

【主催】
出光興産株式会社

【開催概要】
オンラインコンサートをとおして音楽でつながろう!
今だからこそ、皆さまに「音楽というエネルギー」をお届けします。
「みらいを奏でる音楽会」では、若手音楽家の発表機会の創出と子供たちの体験学習会開催など音楽経験の支援を目的としたコンサート活動を行ってまいりました。これまで大切にしてきたコンセプトをそのままに、“会えなくたって、つながれる。”をテーマにオンライン上で「みらいを奏でる音楽会」を作り上げます。
今回参加するのは、第27回出光音楽賞を受賞した新進気鋭のピアニスト 反田恭平が同世代の実力派アーティストを集めて立ち上げたアンサンブル「MLMナショナル管弦楽団」です。コンサートの中では、事前に募集した「家路」~遠き山に日は落ちて~ の歌声動画とMLMナショナル管弦楽団の演奏を一つにつないだ「合唱」コラボも披露します。 「音楽というエネルギー」を全国へ届けるべく、皆さまからの応募をお待ちしております!

【配信日時】

  • 初回配信
    2021年2月27日(土)
    13:45 開場(配信開始)
    14:00 開演
    15:20 終演(予定)
  • タイムシフト(配信期間)
     2021年2月27日(土)初回配信終了後 ~ 3月7日(日)まで

【出演者】
反田恭平(指揮/ピアノ)
MLMナショナル管弦楽団

【プログラム】(予定)

  • サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」 (編曲:西澤健一)
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調Op.19
  • ドヴォルザーク:「家路」~遠き山に日は落ちて~ (作詞:堀内敬三・編曲:西澤健一)
    など

【募集期間】
募集は終了いたしました。

【注意事項】

  • 出演者、プログラムは変更となる場合がございます。
  • 何らかの事由により配信が中止となった場合は当WEBサイトにて告知いたします。当選者へはメールにてご連絡いたします。

【お問い合わせ】

みらいを奏でる音楽会運営事務局

【出演者プロフィール】
反田恭平(そりた きょうへい)
[プロデューサー/指揮者/ピアニスト]
第27回出光音楽賞受賞

2012年 高校在学中に第81回日本音楽コンクール第1位入賞。併せて聴衆賞を含む4つの特別賞を受賞。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学。2015年イタリアでの「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。年末には「ロシア国際音楽祭」にてコンチェルト及びリサイタルにてマリインスキー劇場デビューを果たす。
2016年のデビュー・リサイタルでは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。そのデビュー後は毎年、オーケストラやリサイタルのツアーを全国で行なっている。2018年からはソリストとしての活動のほか、室内楽や自身が創設したMLMナショナル管弦楽団のプロデュースも行っている。2019年にはイープラスとの共同事業でレーベルを立ち上げ、2020年のコロナ禍ではいち早く有料のストリーミング配信を行うなど、クラシック音楽の普及にも力を入れている。また、海外での活動も増え、2020年1月にフランス・パリ、10月にはオーストリア・ウィーンの楽友協会でデビューし、各地の観客から称賛を得ている。
F.ショパン国立音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)研究科修了。現在、同大学研究科(3期目)にてピオトル・パレチニに師事。第27回出光音楽賞受賞。第9回CDショップ大賞 クラシック賞受賞。

■主な共演オーケストラ
ベルリン・ドイツ交響楽団、RAI国立交響楽団、マリインスキー劇場管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団に加え、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団といった国内の主要なオーケストラとも共演。デビューから僅か3年間強で共演した回数は100回以上となる。

■主な出演メディア
「題名のない音楽会」テレビ朝日(BS朝日)、「ららら♪クラシック」「クラシック音楽館」「クラシック倶楽部」NHK(E-テレ、BSプレミアム)などで放送される音楽番組や、「news zero」「チカラウタ」日本テレビ、「情熱大陸」TBS(MBS)などにも出演。また、2018年春からNHK総合にて放送されたTVアニメ「ピアノの森」では主人公の師、阿字野壮介役の吹き替え演奏を担当した。

反田恭平プロデュース MLMナショナル管弦楽団

ピアニスト反田恭平がプロデュースし、同世代のソリストとしても活躍する実力派アーティストに声をかけ立ち上げたアンサンブル。“MLM”の由来は、ロシア語“Молодые люди, которые любят музыку” の「音楽を愛する青年たち」。2018年、「MLMダブルカルテット」として設立、2019年には管楽器を加え、「MLMナショナル管弦楽団」として全国でコンサートツアーを行う。東京・サントリーホールで行われた公演では2000席が完売したことをはじめ、各地室内楽のイメージを一新。また2019年に反田恭平がイープラスとの共同事業で立ち上げたNOVA Recordからメンバー個々人と楽器の紹介を兼ねた500円CDをリリース。各地で完売が相次ぐなど室内楽に新しい風をおこしている。最新配信アルバム 反田恭平 MLMナショナル管弦楽団2019 NRS-2001 7/3リリース。現在毎月先行配信中!

<MLMナショナル管弦楽団メンバー>

岡本 誠司(おかもと せいじ)
[ヴァイオリン]
第19回J.S.バッハ国際コンクール・ヴァイオリン部門にてアジア人で初めて優勝、聴衆賞受賞。第15回ヴィエニャフスキ国際コンクール第2位。2019年エリザベート王妃国際コンクールにて入賞など、国際コンクールでの入賞歴多数。

岡本誠司

大江 馨(おおえ かおる)
[ヴァイオリン]
2019年レオポルトモーツァルト国際ヴァイオリンコンクール第3位ならびに委嘱作品賞受賞。2013年日本音楽コンクール第1位他国内外にて数々の受賞。これまでにN響、ミュンヘン放送管ほか数多くのオーケストラと共演。

大江馨

桐原 宗生(きりはら そうき)
[ヴァイオリン]
第64回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第2位。2015年9月より約4年間東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の第2ヴァイオリン首席奏者を務め、現在札幌交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者。

桐原宗生

島方 瞭(しまかた りょう)
[ヴァイオリン]
第69回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第2位及びサントリー芸術財団名器特別賞を受賞。2019年ドイツ・ミュンヘン音楽演劇大学に入学。

島方瞭

中 恵菜(なか めぐな)
[ヴィオラ]
第65回ARDミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門 第3位に入賞、2019年Young Concert Artists International Auditionにて優勝、その他多数優勝。今井信子、マルタ・アルゲリッチ、ダン・タイソンらと共演。使用楽器は宗次コレクションより特別に貸与されたMontagnana.

中恵菜

長田 健志(ながた けんし)
[ヴィオラ]
兵庫県出身。2010年より佐渡裕スーパーキッズオーケストラに入団、ヴィオラ首席奏者を務める。2019年第8回秋吉台音楽コンクール、室内楽部門にて第一位。2017年より、スーパーストリングスコーベに在籍。東京藝術大学卒業。

長田健志

森田 啓佑(もりた けいすけ)
[チェロ]
高校2年生で第68回全日本学生音楽コンクール/第83回日本音楽コンクールを史上初めて同時に制す。第27回青山音楽賞・新人賞。第45回日本ショパン協会賞。桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマ・コースを首席で卒業。ザール音楽大学ソリスト科在籍。

森田啓佑

佐々木 賢二(ささき けんじ)
[チェロ]
インターロッケンアーツアカデミー、イーストマン音楽院卒業。クリーブランド音楽院で修士課程修了。日野俊介、アラン・ハリス、スティーブン・ゲーバー、岩崎洸の各氏に師事。Fireland Symphony Orchestra、Civic Orchestra of Chicago、それぞれで首席を務める。現在、兵庫芸術文化センター管弦楽団にてフォアシュピーラーを務める。

佐々木賢二

大槻 健(おおつき けん)
[コントラバス]
奈良県出身。第二回Japan International Contrabass Festival Solo Competition1位。これまでに東京フィル、東響、新日本フィル、札響の客演首席奏者を務める。現在、読売日本交響楽団首席コントラバス奏者。

大槻健

八木 瑛子(やぎ えいこ)
[フルート]
東京藝術大学音楽学部を首席で卒業。第25回 日本木管コンクール第1位、保科賞。第32回日本管打楽器コンクール第3位。第85回日本音楽コンクール第2位。現在ザルツブルグ・モーツァルテウム大学に在学。ドイチェ・ユンゲ・フィルハーモニー管弦楽団団員、東京交響楽団研究員。

八木瑛子

荒木 奏美(あらき かなみ)
[オーボエ]
東京交響楽団首席奏者。第27回出光音楽賞受賞。第11回国際オーボエコンクール・軽井沢においてアジア勢初の第1位、聴衆賞。ソリストとして東響、都響等と協演。Ensemble FOVEメンバー。

荒木奏美

浅原 由香(あさはら ゆか)
[オーボエ]
東京藝術大学大学院修了。第12回国際オーボエコンクール・東京で最高位を受賞。東京フィルハーモニー交響楽団での契約首席奏者を経て、現在千葉交響楽団団員。活動の場はオーケストラに留まらずソロや室内楽にも積極的に取り組んでいる。

浅原由香

皆神 陽太(みなかみ ようた)
[ファゴット]
第13回東京音楽コンクール木管部門、第33回日本管打楽器コンクールファゴット部門入選。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団首席ファゴット奏者、ぱんだウインドオーケストラ副コンサートマスター。2017年より宮崎国際音楽祭に出演。洗足学園音楽大学非常勤講師。

皆神陽太

安井 悠陽(やすい ゆうひ)
[ファゴット]
北海道札幌市出身。東京藝術大学大学院音楽研究科を卒業。第1回ファゴット(バスーン)協会コンクール第1位。第36回日本管打楽器コンクールファゴット部門第4位入選。日本センチュリー交響楽団首席ファゴット奏者。

安井悠陽

庄司 雄大(しょうじ ゆうだい)
[ホルン]
第3回日本ホルンコンクール第2位。第86回日本音楽コンクールホルン部門第2位。第35回日本管打楽器コンクールホルン部門第1位、および文部科学大臣賞、東京都知事賞を受賞。現在、藝大フィルハーモニア管弦楽団 首席ホルン奏者。

庄司雄大

鈴木 優(すずき ゆう)
[ホルン]
東京藝術大学卒業。Menagerie Brass Quintetとして第10回チェジュ国際金管楽器コンクール金管五重奏部門第1位を受賞。芸大フィルハーモニア、東京交響楽団を経て現在、東京都交響楽団団員。

鈴木優

開催を予定しておりました2020年の「みらいを奏でる音楽会」全4会場での公演(周南、苫小牧、知多、市原)について、新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策の状況などを踏まえ、慎重に検討を重ねてまいりました結果、本年度の開催を中止することといたしました。
本公演を楽しみにしてくださいました皆さまにおかれましては、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

ページトップへ遷移