塗装品の強度低下を抑制したい

用途例:自動車内装、スマートフォン

樹脂製品は意匠性向上を図るため、塗装が施される場合もあります。塗装は、一般的に塗料を溶剤に溶かしたものを塗ったり、吹き付けたりする方法で行われます。ポリカーボネートは耐溶剤性が低い材料であり、塗装の際に樹脂表面が損傷を受けたりします。さらに、塗装膜と樹脂の熱膨張の差や硬さの違いから製品使用時の負荷によりクラックが進展し破壊に至る可能性もあります。シロキサンを共重合したTARFLON NEO™は、シロキサンがクラックの進展を抑制する効果があること、衝撃特性が一般PCに比べ向上していることから、塗装品の強度向上が期待されます。

以下のリンクに各データの特徴を示します

  1. 本資料に記載されたデータは、特定の条件下で得られた測定値の代表例です。
  2. 本資料に記載されている用途は、本製品の当該用途への適用結果を保証するものではありません。
  3. 本資料で紹介した用途向けの使用に際しては、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)の侵害にもご注意ください。当社は、産業財産権の侵害に対する責任は負いません。
  4. 本資料の内容は、改良のため予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
ページトップへ遷移