「IDEMITSU Honda Team Asia」の小椋藍選手が16年ぶりの快挙を達成!

出光興産株式会社(代表取締役社長:木藤 俊一 以下、出光興産)がメインスポンサーを務める「IDEMITSU Honda Team Asia」の小椋藍選手が「2022 FIM MotoGP世界選手権シリーズ第16戦日本グランプリ」のMoto2クラスで今季3度目の優勝を果たしました。
日本人選手による母国優勝は同チームの監督を務める青山博一監督以来16年ぶりの快挙です。

FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

優勝した小椋藍選手、喜ぶチーム関係者

表彰台

なお、同日には出光興産とHonda(取締役 代表執行役社長:三部 敏宏 以下、Honda)が「世界トップレベルで活躍できるアジア人ライダーの発掘・育成とアジア地域におけるモータースポーツ文化の醸成」を目的に展開しているライダー育成プロジェクトが、今年で10周年を迎えるにあたり、記念セレモニーも行われました。

関係者によるフォトセッション

関係者によるフォトセッション

出光興産とHondaのライダー育成プロジェクトは、2013年に「IDEMITSU Honda Team Asia」のMoto2クラス参戦から始まりました。2016年にMoto2クラスへのステップアップの手段として、「Honda Team Asia」がMoto3クラスに参戦。さらには2017年からは、MotoGP主催者である「Dorna Sports SL.(以下、ドルナ・スポーツ)」が主催する「Idemitsu Asia Talent Cup」も展開し、世界で戦うライダーの輩出に取り組んできました。

Idemitsu Asia Talent Cup

Idemitsu Asia Talent Cup

そして2018年には、Moto2クラスにIDEMITSU Honda Team Asiaから参戦していた中上貴晶選手が、「LCR Honda IDEMITSU」からMotoGPに参戦したことで、最高峰クラスのMotoGPにつながる道筋ができました。

中上貴晶選手 Moto2クラス

このプロジェクトが10周年をむかえるにあたり、両社にとって母国開催となる日本グランプリの舞台である、モビリティリゾートもてぎのコース上にて記念のセレモニーを開催しました。セレモニーには、LCR Honda IDEMITSUの中上貴晶選手、IDEMITSU Honda Team Asiaの小椋藍選手、ソムキアット・チャントラ選手、Honda Team Asiaのマリオ・アジ選手、古里太陽選手、両チームの指揮をとる青山博一監督のほか、IDEMITSU Honda Team Asiaの参戦開始時の監督である岡田忠之氏、ライダーの高橋裕紀選手も参加。またHondaからは三部敏宏社長、ドルナ・スポーツのカルメロ・エズペレータ会長に加え、出光興産からは木藤俊一社長も参加し、今後も同活動を通じて、アジア地域におけるモータースポーツ文化の醸成に寄与していく気持ちを共にしました。

■本田技研工業株式会社 取締役 代表執行役社長 三部 敏宏のコメント

「出光興産とのアジアの若手ライダー育成プロジェクトが今年で10周年を迎えられたことを大変うれしく思っています。MotoGPにチャレンジする若手ライダーの夢を具現化するために、アジア地域各国におけるHondaのレース活動と連動させて展開しているこのプロジェクトはHondaにとって、大変意義のある試みであると思っています。このプロジェクトを永きに渡りサポートしていただいております、出光興産には心より感謝を申し上げます。これからもアジアから、最高峰のMotoGPクラスでより多くのライダーが活躍することによって、これまで以上にモータースポーツが活発化することを切に願っています」

■出光興産株式会社 代表取締役社長 木藤 俊一のコメント

「2013年から10年に渡りHondaとともにアジアの若手ライダー育成に携わらせていただき、チームのオイルのテクニカルアドバイザーを勤めていることを大変光栄に感じています。当初は高橋裕紀選手のMoto2クラス参戦に始まり、2018年からは中上貴晶選手の日本人唯一となるMotoGPクラスへの参戦、本年はAsia Talent Cup出身の小椋藍選手およびソムキアット・チャントラ選手がMoto2クラスで複数回の優勝を果たすなど、本育成プログラムが確実に成果に結びついていることを実感しています。これらは選手および監督、チーム関係者、Honda、ドルナ・スポーツのご尽力とファンの皆様のご声援のおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。我々も世界に挑戦し続けるライダーとともに、高き理想と志を掲げ、挑み続けて参ります」

ページトップへ遷移