「2021年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権」マツダチーム/セブリング12時間レースでの2位入賞

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木藤 俊一 以下、当社)は、米国における潤滑油の製造・販売会社である出光ルブリカンツアメリカ (本社:米インデ ィアナ州ジェファーソン郡、社長:伊藤 則章、当社 100%出資)を通じ、スポンサーを務めるマツダチームが、米国最高峰のスポーツカーレース「IMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権」(主催:国際モータースポーツ協会、IMSA)の第二戦「セブリング12時間レース」で見事2位入賞しました。

  • IMSA-ウェザーテ-ック・スポーツカー選手権-画像1
  • IMSA-ウェザーテ-ック・スポーツカー選手権-画像2

「セブリング12時間レース」は「デイトナ24時間レース」に続く長時間の過酷な耐久レースです。マツダチームは予選の結果4位スタートとなりましたが、レース終盤では首位を走行しレースをリードしました。残念ながらLMP2クラスでのクラッシュの影響により、2位へ順位を落とす結果となり、連覇することは達成できませんでしたが、今後の活躍に目が離せない素晴らしいレースを繰り広げています。次戦は5月17日~20日の「ACURA SPORTS CAR CHALLENGE AT MID-OHIO」となります。みなさまも応援よろしくお願いします。
出光興産は2021年よりコーポレートブランドを刷新しました。レースカー及びユニフォーム等に新しいコーポレートブランドが使用されていますので、是非ご注目ください。

ページトップへ遷移