さいたま市とゼロカーボンシティ実現に向けた共創推進の連携協定を締結

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤俊一、以下当社)は、さいたま市(埼玉県さいたま市、市長:清水勇人)とゼロカーボンシティ(2050年二酸化炭素排出実質ゼロ)実現に向けた再生可能エネルギー等の利活用推進に関する連携協定を、本日締結しました。

調印式の様子

調印式の様子
向かって左から:さいたま市長 清水勇人氏、出光興産 上席執行役員 渡辺宏

本協定は、当社とさいたま市が環境・エネルギーの分野で相互に連携・協働し、さいたま市内の再生可能エネルギーの利活用を推進する取り組みで、市内の各家庭で発電した卒FIT電力の買い取りや太陽光発電システムのメンテナンスといったサービス展開を計画します。また、市内の卒FIT電力や市内で発電した再生可能エネルギーを、さいたま市が所有する施設や、当社が新ブランド「apollostation」として展開するサービスステーション(以下、SS)で利用する等の検討を進め、エネルギーの地産地消を推進します。あわせて、当社子会社のソーラーフロンティアとNEDO※が共同研究中の、太陽光パネルリサイクル技術の適用についても検討を進め、循環型社会の実現を目指します。
(※:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)

当社のSS「apollostation」は、従来の給油やカーケアサービスのみならず、地域固有の課題に対して最適なサービスを提供するエコシステムを構築し、地域に暮らす皆様の生活を豊かにする新しい時代の「よろずや」に進化・変革する「スマートよろずや」化を目指しています。本協定で検討する事項は、この取り組みの一つです。

【本連携協定の概要】
1.名称:ゼロカーボンシティ実現に向けた共創推進に関する連携協定
2.内容:
(1)エネルギーの地産地消の推進に関すること
(2)再生可能エネルギーの導入拡大、利活用、リサイクル等のライフサイクルの最適化に関すること
(3)地域資源を活用したエネルギーの面的利用に関すること
(4)分散型エネルギーの導入等によるレジリエンスの強化に関すること
(5)再生可能エネルギーの導入拡大や双方が持つ知見、事業資産、技術等の利活用を通じた、環境・経済・社会の統合的取り組みの推進及び「地域循環共生圏」の実現に関すること

当社は2030年ビジョンとして「責任ある変革者」を掲げ、エネルギーの安定供給とともに、地球環境をはじめとする社会課題の解決に貢献していきます。

~お問い合わせ先~

出光興産株式会社 広報部広報課 https://www.idemitsu.com/jp/contact/advertising_flow/index.html

ページトップへ遷移