再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業への参画について

関西電力株式会社(以下、関西電力)、出光興産株式会社(以下、出光興産)、株式会社関電エネルギーソリューション(以下、Kenes)は、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「令和3年度蓄電池等の分散型エネルギーリソース(以下、DER)を活用した次世代技術構築実証事業費補助金(再生可能エネルギー発電等のアグリゲーション技術実証事業のうち再生可能エネルギー(以下、再エネ)アグリゲーション実証事業)(以下、本実証事業)※1」に共同で申請し、6月8日、補助金の執行団体から採択決定の通知を受けました。

※1:経済産業省が多数の再エネやDERを束ね(アグリゲーション)、正確に制御する技術等の実証事業を行う経費に対して、当該費の一部を助成するもの。

本実証事業は、2022年度からFIP制度※2が導入されること等を踏まえ、変動性の高い太陽光発電等の再エネ発電設備や蓄電池等のDERを組み合わせた需給バランス制御技術の構築を目指す取組みです。

※2:Feed-in Premium制度の略。卸電力取引市場や相対取引で再エネ発電事業者が市場に売電した場合に、基準価格(FIP価格)と市場価格の差額をプレミアムとして交付することにより、投資インセンティブを確保する制度。今後、再エネの主力電源化に向けては、従来型の電源等と共通の環境下で競争することになるため、需給バランス制御技術の必要性が高まる。

関西電力は、これまで負荷変動に対応する調整力※3に活用するため、お客さま所有のDERを統合制御することで、バーチャルパワープラント(以下、VPP)の構築を目指した制御実証を実施するとともに、VPP事業を推進する際のプラットフォームである「k-VIPs」※4の開発や運用等を実施してきました。

※3:電力系統の周波数を一定に保つために、一般送配電事業者が調整に使用する電力。
※4:K-VIPs = Kanden Integrated Platform system
エネルギーリソースの監視・制御等を利活用することで、お客さまのVPPへの取組みをサポートする統合プラットフォームシステム。

また、出光興産とKenesは、これまで多数の再エネ発電所の開発をはじめ、本実証事業に関連するビジネスを推進してきました。

本実証事業では、3社が保有する再エネ発電所をk-VIPsで監視・制御することで、需給バランスを制御するための発電量予測やリソース制御に必要な技術の実証に取り組むとともに、需給バランス制御に関するビジネススキームの検討を進めてまいります。

本実証事業を通じて、DERを活用した安定かつ効率的な電力システムの構築と、再エネの普及拡大への寄与を目指し、2050年のゼロカーボン社会の実現に貢献してまいります。

~ 本件に関するお問い合わせ先 ~

出光興産株式会社 広報部広報課 https://www.idss.co.jp/contact/advertising_flow/index.html

ページトップへ遷移