千葉県市原市と出光興産の包括連携協定の締結について ~超小型EV等先進技術の活用により環境および地域創生に貢献~

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一、以下 当社)と市原市(市長:小出 譲治)は、地域の観光振興や産業振興などの地域創生に貢献する分野において連携・協力することを目的に、2021年4月30日に包括連携協定を締結します。この新たな協定のもと、当社で実証を進めている、超小型EVを活用したカーシェアリングサービス「オートシェア」を市原市内でも展開します。

小湊鐵道 上総牛久駅前に超小型EVを2台設置

小湊鐵道 上総牛久駅前に超小型EVを2台設置

【連携事項】
(1)超小型EV等先進技術を活用した観光振興などの地域活性化に関すること
(2)超小型EV等先進技術を活用した地球温暖化対策の推進に関すること
(3)超小型EV等先進技術を活用した防災対策の推進に関すること
(4)その他相互に連携・協力することが必要と認められる事項に関すること

連携の第一弾として、当社の関連会社である株式会社出光タジマEV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田嶋 伸博)が提供する超小型EV“ジャイアン”を、小湊鐵道の上総牛久駅前に2台設置し、市民および観光客の移動手段として、カーシェアリングサービスを提供します。

当社は、モビリティデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブ(本社:東京都千代田区、代表取締役:北川烈)および、位置情報ビッグデータと解析技術を用いた地域活性化支援ソリューションを提供する株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川豊)と協業し、地域の観光資源の最大化を図る取り組みを推進しています。本実証においても、車両の位置データや観光客が発信するSNSデータを組み合わせることで、観光客の移動をスムーズにするための施策や、隠れた名所・観光スポットに誘導を図る施策などに活用し、市原市における観光振興に取り組みます。

当社ではカーボンニュートラルおよびSDGsの達成に向けた社会課題の解決に資する次世代事業の創出を重要な経営課題と位置付けております。2021年4月1日より次世代モビリティおよびモビリティサービスを開発する株式会社出光タジマEVを設立し、移動に関する社会課題に解決に取り組んでいます。一方、市原市は「SDGsのシンボルとなるまち」の実現を目指し、様々なステークホルダーと協力し、地域課題解決のための新たな仕組みの構築を進めています。

今後は本協定のもと、超小型EVを活用した観光振興のみならず、超小型EVやドローンなどの先進技術を活用した物流や防災分野における取り組みや、当社の千葉事業所(所在地:千葉県市原市、所長:荒木 伸二)におけるカーボンニュートラルに関する取り組みを推進してまいります。

超小型EVなどの先進技術を活用し地域創生に貢献

超小型EVなどの先進技術を活用し地域創生に貢献

~お問い合わせ先~

出光興産株式会社 広報部広報課 https://www.idemitsu.com/jp/contact/advertising_flow/index.html

ページトップへ遷移