「こども参観」をオンラインにて開催 ‐日本、シンガポール、韓国、ベトナム4か国をつなぎ親の働く企業や社会を知る機会を創出‐

出光興産株式会社(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 木藤 俊一、以下、当社)は8月12日に4ヵ国、7拠点をつなぎ、小中学生を対象とした、オンライン「こども参観」を実施いたしました。

「こども参観」は、仕事と家庭を両立する社員が男女ともに増えている中、親子のコミュニケーション促進と、子育て世代への職場の理解を深める機会の創出を目的に19年より実施しております。
本年はコロナ禍の状況下ではあるものの、今できる範囲の中で工夫し継続することが必要と考え、次世代育成支援として、こどもが親の働く企業や社会を知る機会の創出を目的に、オンラインで開催することとしました。
当日は国内4拠点、海外3拠点から社員のこども達19名が参加しました。製油所・石油化学工場を有する千葉事業所からエネルギーの安定供給や安全管理の重要性を紹介するとともに、ハノイ事務所(ベトナム)から燃料販売における、日本と海外のサービスステーション(以下、SS)の違いなどを紹介しました。質疑ではこども達から、海外のSSに関する疑問や、24時間操業している製造現場への率直な質問がありました。

1.当日の活動内容
(1)開催の挨拶
執行役員 サステナビリティ戦略室長 寺上美智代
(2)参加者の自己紹介、会社の概要説明
(3)職場紹介と質疑応答
・千葉事業所
・ハノイ事務所(ベトナム)

参加者は自宅で視聴参加者は自宅で視聴

  • 安全に配慮した場所からSSの現地中継(ベトナム)
    安全に配慮した場所からSSの現地中継(ベトナム)
  • 挙手して質問する様子
    挙手して質問する様子

2.開催の挨拶(執行役員 サステナビリティ戦略室長 寺上美智代)
皆さん、こんにちは。「こども参観」に参加いただきありがとうございます。
学校では授業参観があると思いますが、今日はその逆で皆さんがお父さんお母さんの会社を見る日です。
今年は新型コロナウィルスの影響で、会社に来ていただくことはできなかったのですが、初のオンラインによる実施により、海外も含めて様々な地域からご参加いただき嬉しく思います。職場紹介も一か所だけではなく中継で日本とベトナムの現場を紹介します。
「こども参観」が終わったら、家族でお父さん、お母さんが働く会社は何をしている会社なのか、世の中にどう役立っているのか、そして社会と自分がどう繋がっているのかを話して頂きたいと思います。
短い時間ですが楽しんで下さい。

  • 挨拶する寺上執行役員
    挨拶する寺上執行役員
  • 感想を述べるこども達
    感想を述べるこども達

3.参加したこども達の声
●タンカーの長さ、タンクの大きさを知ることができて楽しかった。タンクは25メートルプール270杯分も入り、大型旅客機がまるまる収まるとはびっくりした。
●出光興産で仕事をしている人たちがすごく多く、海外にも沢山の会社があるとは知らなかった。
●石油は、私たちの生活に欠かせないものに使われていて、親の仕事が社会に役立っていることが分かり嬉しかった。またタンカーや製油所は安全に配慮されていていることが、よく分かった。
●父がどんな仕事をしているのか知ることができた。また、製油所やガソリンスタンドが日本に限らず海外にもあることが分かり、父の会社は世界に展開していてすごいと思った。
●ベトナムにある出光のガソリンスタンドは、日本式の丁寧な接客で好評ということが分かり、すごいと思った。

  • 製造現場からこども達の質問に回答(千葉事業所)
    製造現場からこども達の質問に回答(千葉事業所)
  • 動画で製油所の大きさや装置について説明
    動画で製油所の大きさや装置について説明

- お問い合わせ先 -

出光興産株式会社 広報部広報課
Email: public.relations@idss.co.jp

ページトップへ遷移