災害対応訓練

[2016年~継続]

野上石油(株)は、地元勝央町、警察、消防と共同で災害時を想定した実地訓練を実施しました。本訓練は地震発生による大規模停電を想定し、代替電源である緊急用発電機を使って計量機を稼働させ、緊急車両であるパトカーや消防車へ給油を行うものです。
野上石油(株)野上社長は、「勝央町・美作市の災害中核SSは1SSのみであり、地域のインフラ企業として、使命感をもって燃料の安定供給に努めていく。一方、実務上の課題も見えてきたため、行政に問題提起していきたい。」としており、今後も訓練を通じて体制を整えていく方針です。

ページトップへ遷移