MotoGP/【2020年度】ライダー・監督

監督

ルーチョ・チェッキネッロ監督

出光興産には大きな支援をいただき、中上選手及び私たちチームは3年目を数えます。中上選手はとても素晴らしいライダーで、非常にレースに集中しています。また、ホンダのマシンを使用し、どうすればより良いパフォーマンスを引き出せるかを日々試行錯誤しています。
私たちは、私たちの出来得る限り最高な技術サポートを中上選手に提供し、アポロマークを背負った中上選手が今季良い結果を出すことを強く信じております。

ライダー

中上 貴晶選手

LCR Honda IDEMITSUから引き続き参戦できることを喜んでいます。Hondaには手厚いサポートと競争力のあるマシンの提供を行ってもらい、シーズンを通して成長することができました。2020年シーズンも引き続き協力して、いい走りをしていきたいです。第8戦オランダGPでの接触後、肩に痛みを感じ、うまく力が入りませんでした。故障を抱えたまま走行を続けてきましたが、望むような走りができず、LCR Honda IDEMITSUやHondaと相談して手術することを決断しました

ページトップへ遷移