環境対応型のディーゼル車両を支える出光の潤滑油

環境対応型ディーゼル車用 DH-2・エンジンオイル

ディーゼル車の「うるさい」・「汚い」・「臭い」は過去のこと
⇒本当は環境にやさしい車なのです。
その理由はCO2の発生がガソリン車に比べ少なく、排ガスレベルもガソリン車並みに改良されているのです。
その代表格であるPM(ススを主成分とした浮遊固形物質)は

  • 燃料を超微細化、燃焼させて発生を抑制
  • それでも発生するPMをフィルターでトラップ⇒ガソリン車レベルまで低減
セラミック製の多孔質構造(ハニカム構造)でPMを捕捉し発生を抑制
でもフィルター搭載車には専用の油が必要となりますが、出光では燃費性能も付加した「環境対応型エンジンオイル」を需要家に提供しています。

何故DH-2指定油を使用しないとフィルターが目詰まりするの?

環境対応型ディーゼル車用 DH-2・エンジンオイル

捕捉したPMを排ガスの熱で燃焼気化させ発生を抑制する
このフィルター(DPF)に捕捉されるPMにはエンジンオイルが一部含浸されることがあります。
このオイルには各種性能を持たせるために添加剤が混合されており、エンジン内部の汚れを洗い落としたり摩耗を防止するタイプの添加剤には燃焼すると灰分となって堆積しフィルターを目詰まりさせる成分(カルシウム、亜鉛等)が含まれています。
1.DPF外観図 2.DPF断面イメージ図

DH-2シリーズはCO2も削減できるの?

環境対応型ディーゼル車用 DH-2・エンジンオイル

アポロイルクリーンランナーDH-2シリーズは燃料消費も低減する高機能環境対応型エンジンオイルです。
(JASO DH-2規格 5W-30、10W-30、15W-40)
中でも「アポロイルクリーンランナー DH-2 5W-30」は高機能合成油をベースに各種添加剤を適正に配合した、低粘度マルチグレードエンジンオイルで燃費削減とCO2の削減を共に可能にする「高機能環境対応型エンジンオイル」です。
ページトップへ遷移