R&Dトップメッセージ

出光興産株式会社 代表取締役副社長 松下 敬
エネルギー・素材を通して未来の社会を支える エネルギー・素材を通して未来の社会を支える
出光興産株式会社 代表取締役副社長
松下 敬

当社は長年、社会インフラや各種産業の基盤を支える石油などのエネルギー、基礎化学品などの安定供給に加え、潤滑油、エンジニアリングプラスチック、高機能アスファルトなどの社会を支える機能性製品群を開発し、提供してきました。また、様々な独自技術開発に精力的に取り組み、有機EL素材、CIS太陽電池、微生物農薬など、世界でもユニークな製品群を生み出してきました。これからも当社は「日本発のエネルギー共創企業」として、多様なエネルギー・素材を供給し続けるレジリエントな企業体でありたいと考えています。

今後さらに変化が加速する社会において、長年取り組んできた当社の事業分野における技術力を活かして日々高度化するお客様のニーズにタイムリーに応え、ご満足いただけるソリューションを提供し続けるべく、新たな技術開発を推進します。
来るべき低炭素社会、カーボンニュートラルの達成のためには、様々な技術を組み合わせ、環境負荷の少ないエネルギー・素材を供給することが求められます。化石燃料の効率的な活用を徹底的に追求しつつ、太陽光や地熱などの再生可能エネルギーの安定供給に向けた技術開発、クリーンな電力をいつでもどこでも使用するための蓄電池素材の開発、植物を原料とするバイオ燃料、ブラックペレット、バイオ化学品の開発、あるいは二酸化炭素の固定化、利活用を目指した各種技術開発を全力で推進します。

また、これらの技術を迅速に開発しお客様へ提供するためには、オープンイノベーションの推進が不可欠です。国内外問わず、大学、研究機関、企業などのパートナー様との連携に積極的に取り組んでいきます。
エネルギー・素材の提供により未来の社会を支え続けるため、当社はあらゆる知恵を集結して技術開発に取り組み、新たな価値を共創し、社会のニーズに応えて参ります。

ページトップへ遷移