石炭・環境研究所

石炭・環境研究所について

石炭・環境研究所は、環境に調和した石炭事業の実現とお客様の様々な技術課題に挑戦する日本で唯一の総合的な石炭専門研究機関です。
石炭は主要な一次エネルギーの一つとして重要な役割を担っています。その一方で、石炭の利用に伴いCO2が発生するため、排出量削減に向けた取り組みが求められています。
石炭・環境研究所は、お客様のニーズに応える技術サービスと石炭のクリーン利用技術の開発に取り組んでおり、近年では、バイオマス混焼によるCO2排出量の削減や、CO2を化学原料として利用する技術開発を積極的に推進しています。

石炭・環境研究所外観

主な取り組み/研究内容 - 01 石炭・バイオマスなどの固体燃料の利用技術に関する研究開発

石炭・環境研究所はラボスケールから実機スケールまでのデータを取得・解析できる設備を有しており、石炭の高効率燃焼技術、環境対策技術などのクリーン利用技術を開発してきました。
近年、カーボンニュートラルとしてCO2排出削減効果が期待されているバイオマス。長年積み上げてきた石炭に関する研究成果は、バイオマスの利用技術開発にも応用されています。

マセラル顕微鏡

主な取り組み/研究内容 - 02 CO2を資源として利用するカーボンリサイクル技術の開発

石炭・環境研究所では、カルシウムがエネルギーを必要とせずにCO2と容易に反応することに着目。廃コンクリート等の産業廃棄物を原料としたCO2固定化・再資源化プロセスの実用化と普及を目指しています。
当社では、低炭素化社会の実現に向け、排出されるCO2を資源として利用する、あらゆるカーボンリサイクル技術の可能性を追求していきます。

カーボンリサイクル

アクセス

住所
〒299-0267 千葉県袖ケ浦市中袖3番地1
電話番号
TEL:0438-62-9511 
FAX:0438-60-1177
ページトップへ遷移