電子材料

電子材料について

次世代技術研究所では、有機・無機の材料設計技術、合成技術、ナノ材料・分散技術、薄膜成膜技術、光・電気特性評価解析を差別化技術とし、次世代デバイス材料・部材、次世代エレクトロニクスに向けた研究開発を行っています。これらの研究開発を進め、電子材料分野でのプロダクト・イノベーションに貢献します。

素子評価

主な取り組み/研究内容 - 01 導電性高分子

各種溶剤に溶解する導電性高分子(ポリアニリン)をはじめ、ポリアニリンの特徴の一つである酸化還元性を利用した、めっき下地インキの開発を進めています。既存の樹脂めっき技術では樹脂表面を処理してめっき触媒を吸着させていたため、めっき可能な樹脂の種類が限られていました。開発中のめっき下地インキを用いることによって、各種樹脂基材にめっきが可能になります。

PANI

主な取り組み/研究内容 - 02 無機材料

CIS太陽電池の研究開発・製造で培った、無機材料の設計・合成技術、薄膜プロセス、デバイス技術を活用し、超高性能無機薄膜半導体を極め、次世代のエレクトロニクス分野を支える発光材料や発電材料の開発を進めています。

デバイス
スパッタ
評価用TG
ページトップへ遷移