地化学技術

地化学技術は、油ガスの素性を明らかにする技術です。油ガスの元になった有機物は、通常、油ガス田から離れた場所に濃集し、そこで出来た油ガスは地下を移動して器(トラップ)に集積します。有機物の地下での分布は不均一で、しかもその種類により油ガス生成能力が異なります。したがって油ガスを作った有機物の種類や、どこで作られて移動して来たかがわかれば、未発見油ガス田の存在場所が特定し易くなります。

概略図:地化学技術
概略図:地化学技術

バイオマーカー

石油中には、その元になった有機物(生物)を特定できる遺骸(例えば、コレステロールを起源とするステラン)が含まれています。これをバイオマーカーと言います。また高温高圧下で作られる、ダイヤモンドに似た化合物(ダイヤモンドイド)が含まれていることもわかっています。これら化合物は、油ガスの素性を特定するのに有用ですが、含有量が少なく、その検出には高度の分析技術が必要でした。そこで当社資源部は次世代技術研究所と連係して、これらの分析・解析技術を独自に開発し、石油探鉱に応用して成果を上げています。

ベースンモデリング

地下で有機物から油ガスが作られ、どこの器(トラップ)に移動して油ガス田を形成するかがわかれば、その発見確率は大きく向上します。そこでこれら一連の過程をコンピューター上で再現しようという研究が始められていました。これはベースンモデリングと呼ばれますが、当社資源部もその有用性にいち早く気付き、開発を行っていた研究機関に技術者を派遣し、その完成を主導しました。このソフトウェアは、現在、国内外で広く活用されていますが、当社資源部でも探鉱評価の柱のひとつとして適用し、成果を上げています。

ページトップへ遷移