CIS薄膜太陽電池

CIS薄膜太陽電池とは

CISは銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を主な原料とした当社の独自技術で生産する太陽電池です。
当社の100%子会社であるソーラーフロンティア株式会社が研究開発・生産・販売しています。「実発電量(屋根に設置された太陽光発電システムが実際に発電する量)」が高いことが特徴です。

CIS薄膜太陽電池の「実発電量」が多い 3つの理由

①高温時の出力ロスが少ない

真夏の晴天時、屋根の上の太陽電池モジュール温度は約60~80℃に達し、出力ロスが発生します。CIS薄膜太陽電池は、温度係数が小さく、高温時の出力ロスを小さく抑えられます。

②光照射効果で、高い実発電量を実現

CIS薄膜太陽電池は、太陽光に当たると初期値に対して出力が上がる「光照射効果」という性質を持ちます。

③部分的な影による発電への影響が少ない

太陽電池モジュールの一部に影ができると、モジュールの中に発電しないセルが発生しますが、 CIS薄膜太陽電池は、影による出力低下は一部に留められ、全体への影響を少なく抑えることが出来ます。

ページトップへ遷移