バイオマス発電所の展開

京浜バイオマス発電所

2011年に閉鎖した京浜製油所扇町工場の跡地の一部を活用して建設した発電所です。旧製油所のインフラや近隣の港湾施設を利用できることに加え、大消費地に近い優位性があります。木質ペレットとパームヤシ種殻などの木質系燃料のみを使い、石油や石炭などの化石燃料を使用しないクリーンな発電所です。木質系燃料だけを使う発電所としては、国内最大級の発電規模を持ちます。

運営
株式会社京浜バイオマスパワー
所在地
神奈川県川崎市川崎区扇町
発電規模
4.9万kW
燃料
木質ペレット、パームヤシ種殻
稼働開始
2015年11月2日

徳山バイオマス発電所

2014年に閉鎖した徳山製油所(現:徳山事業所)の跡地の一部を活用して建設する発電所です。営業運転開始後、当面の間は輸入木質ペレットとパーム椰子殻を使用しますが、中長期的には国産の間伐材や製材端材等を使用することで、環境保全に配慮した持続可能な森林づくりと林業振興、地域の循環型経済の構築と発展を目指します。

運営
出光興産株式会社
所在地
山口県周南市新宮町2200番地(出光徳山事業所内)
発電規模
5万kW
燃料
木質ペレット、パームヤシ種殻
商業業運転開始
2022年度内(予定)

その他の出資先

ページトップへ遷移